薬膳の基本。〜気〜ってなに?

中医学の基本

前回は「気血津液」の基本についてお話しました。 

薬膳の基本。気血津液ってなに?
「気」がつく言葉は、元気、根気、やる気、というようにたくさんありますね。 「気」は目には見えないけど、パワーのようなもの、といえば、なんとなくわかるかもしれません。  中医学では、「気」という...

 

今回は、『気』について。

気とは、目には見えないけどエネルギーのようなもの。

「元気」、「やる気」という言葉を聞いて、どのようなイメージを持ちますか?? 

なんとなくエネルギッシュな感じがしますよね。 

 

 

まさにそれです。笑 

その感覚的なイメージを、中医学ではちゃんと物質として捉えているんです。

色んなものからのパワーを敏感に感じ取り、それを「気」と表現したのかもしれません。

 

 

ちなみに、ヒトの主な「気」は4つあります。
元気、宗気(そうき)、営気(えいき)、衛気(えき)です。

今回は、4つの気のことは一旦置いておいて、まずは気の働きについて書いていきますね。

 

「気」の役割は6つ

気の主な役割は6つあります。

促進、温煦、防衛、固摂、気化、営養です。

ひとつずつ、ゆっくりみていきましょう。

 

 

促進作用

 

気は目に見えないパワーのようなもの、と書きました。

車でいうと、ガソリンみたいなものですかね。 

 

ガソリンのおかげでエンジンがかかり動けるように、人間も「気」のおかげで臓腑や組織が正常に働いてくれます。

モノを動かすポンプのように、気によって、血や津液を全身に流したり、排泄物や汗を外に出すことができます。 

 

このように、体全体がうまく回るような働きを「促進作用」と呼んでいます。 

 

 

温煦作用

 

身体を温め、体温を保つ働きがあります。 

 

冬の寒ーい日は、ちぢこまってなかなか動けませんよね。

臓腑や組織たちも、寒いとうまく働いてくれません。

 

「気」によって温かい環境を作ってあげると、臓腑たちもよく働いてくれます。 

 

 

防衛作用

「気」には、身体を守る免疫機能もあります。

 

4つの気のなかで、「衛気」がこれに当てはまります。

体表を巡って、邪気の侵入から体を守ってくれます。

バリアを張って、いざとなれば戦ってくれるような頼もしい存在です。

 

防衛作用、つまり衛気が少ないと、カゼを引きやすいなど病気にかかりやすくなります。  

 

 

固摂作用

液体や内臓が漏れないようにする働きです。

…イメージしにくいですよね笑。

 

例えば、血液が血管の中から漏れずにいれるのは、気の固摂作用のおかげです。 

 

この働きが低下すると……どうなると思いますか?

鼻血や血尿、皮下出血など、血液が外に出てくる症状が現れます。

 

また、内臓の位置を保つ働きもあるので、胃下垂のように内臓が下がってる人も固摂作用が低下しているといえます。

 

気化作用

「気化」とは、物質を変化させることです。

 

食べ物は、体の中で水穀精微という栄養物質に変わります。

水穀精微から人が必要な物質「気・血・津液・精」が作られ、さらに「汗・尿・便・唾液」などに変化します。 

 

このような代謝の働きも「気」が担っています。 

 

 

営養作用

 

血液と一緒に流れる「営気」に営養作用の働きがあります。

(※中医学では、栄養を営養と書きます。) 

 

全身を巡り、臓腑を営養して潤す働きがあるので、営養作用が低下すると疲れやすくなったり、体が痩せてきたりします。 

 

 

 

以上、気の働きについてまとめてみました。

身体を守ってくれたり、温めてくれたりと、本当にたくさんの働きがありますよね。 

 

気を充実させることは、私たちが元気でいる第一歩。

疲れやすい、カゼを引きやすい…などと感じている人は、気が不足しているかもしれません。 

 

パワーチャージできる方法を、これから少しずつご紹介しますね。 

 


 NEW
\レッスンご案内/
【梅雨のゆる薬膳講座】
(〆切5月25日)

気軽に薬膳をはじめたい方は、
季節のゆる薬膳講座が
おすすめです!

詳しくはこちら

 

 



\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!登録はこちらより

 

アーカイブ
中医学の基本 学べる!薬膳コラム 薬膳の基本
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

  1. […] 薬膳の基本。~気~ってなに? […]

  2. […] ⇒薬膳の基本。〜気〜ってなに? […]

  3. […] 参考薬膳の基本。〜気〜ってなに?  […]

  4. […] 参考薬膳の基本。〜気〜ってなに?  […]

  5. […] 薬膳の基本。〜気〜ってなに? 前回は「気血津液」の基本についてお話し… 【五臓・脾の基本①】「脾」の基本的な働き。 私たちは、毎日何をどのくらい食べればいいのでしょうか?  栄養学では、とるべき栄養素が食事摂取基準で決められています。 食材の栄養が数値化され、それを足して計算するのです。 糖質がどのくらい、脂質が…chikayakuzen.net2020.03.29 【五臓・肺の基本①】肺の基本的な働きとは??   五臓について少しずつお話しています。  ちょっとここで復習。  五臓とはなんでしょう??   「肝・心・脾・肺・腎」のことです。 肝臓・心臓という臓器そのものではなく、それ…chikayakuzen.net2020.03.29 【五臓・腎の基本①】老化は何歳から?腎のもつ力 私の人生の目標は、「100歳で旅をする」ことです。 それくらい、いつまでも元気でいたいなぁと思うんです。  自分の足で歩き、自分の身の回りのことを自分でやれる、「ハツラツとしたおばあちゃん」が…chikayakuzen.net2020.03.23 […]

タイトルとURLをコピーしました