食材が持つ、温める力&冷やす力とは?薬膳的、食材の寒熱について

学べる!薬膳コラム

食べ物には、温める、冷やすという性質があります。

これは案外、日常の食事で取り入れているもの。

 

例えば、寒い日に生姜の効いたスープを作ってみたり、暑い日にトマトやきゅうりを食べてみたり…。

激辛料理で体が熱くなるなることは、誰もが知っていることですよね。

 

こういった食べ物の寒熱を、中国では長い年月をかけてまとめあげてきました。

それが今の薬膳で使われる、五気(五性)というもの。

食材を「寒・涼・平・温・熱」の5つに分けています。     

 

薬膳では、食材の性質を理解して食事を組み立てます。

その性質のひとつが食材の寒熱なんですね。

 

寒性…強く冷やすもの
涼性…冷やすけど作用は強くない
平性…温めも冷やしもしない
温性…温めるけど作用は強くない
熱性…強く温めるもの

 

寒涼性のものは、瓜類(かぼちゃ以外)、セロリ、豆腐、大根、トマトなど。

平性のものは、豚肉、キャベツ、じゃがいも、葡萄など。

温熱性のものは、ネギ、大葉、かぼちゃ、鶏肉、羊肉、鮭、桃、胡椒など。

 

ざっくりとした覚え方としては、
瓜類、貝類や海藻類、果物は冷やすものが多いですね。根菜も、冬のお野菜だけど意外と冷やすものが多いんですよね。(大根、ごぼう、れんこんなど)

 

温めるものは、香辛料とか香りの良いものが多く、桃のように温める果物は珍しいです。動物性のお肉やお魚は、温めるものが多いですね。

 

寒熱のバランスをとるだけでも、十分薬膳になるんです。

なんとなーくでも性質を覚えておくと、献立を立てるヒントになりますよ。

 

例えば、暑い時期は体を冷やすものを中心にし、寒い時期は温めるものを多く使う。

冷え性の人は温めるものを多めに、暑がりの人は冷やすものを多めに。

また、平性というのは、温めも冷やしもしないので、献立のバランスを取ってくれます。体に負担が少ないため、お子さんやご老人でも使いやすい食材が多いですね。

 

注意したいのは、食材を加熱したり冷やしても、本来の性質は変わらないということ

例えば、大根は冷やす食材。温かい料理にして冷やす作用を緩和させることはできても、冷やすことには変わりないんです。

食材の性質を知って、体に合った食事をとりたいですね。 


 NEW
\レッスンご案内/
【梅雨のゆる薬膳講座】
(〆切5月25日)

気軽に薬膳をはじめたい方は、
季節のゆる薬膳講座が
おすすめです!

詳しくはこちら

 

 



\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!登録はこちらより

 

アーカイブ
学べる!薬膳コラム 薬膳の基本
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

タイトルとURLをコピーしました