食材が持つ、温める力&冷やす力とは?「五性」を知っておこう!

学べる!薬膳コラム

こんにちは!
薬膳ライフアドバイザーのchikaです。

 

薬膳では、食べ物には温める、冷やすという性質があると言われます。
これは案外、日常の食事で取り入れているもの。

 

例えば、寒い日に生姜の効いたスープを作ってみたり、暑い日にトマトやきゅうりを食べてみたり…。
激辛料理で体が熱くなるなることは、誰もが知っていることですよね。

 

こういった食べ物の寒熱を、中国では長い年月をかけてまとめあげてきました。
それが今の薬膳で使われる、五気(五性)というもの。
食材を「寒・涼・平・温・熱」の5つに分けています。     

 

寒性…強く冷やすもの
涼性…冷やすけど作用は強くない
平性…温めも冷やしもしない
温性…温めるけど作用は強くない
熱性…強く温めるもの

 

寒涼性のものは、瓜類(かぼちゃ以外)、セロリ、豆腐、大根、トマトなど。

平性のものは、豚肉、キャベツ、じゃがいも、葡萄など。

温熱性のものは、ネギ、大葉、かぼちゃ、鶏肉、羊肉、鮭、桃、胡椒など。

 

ここでは、ざっくりとした覚え方をご紹介。
瓜類、貝類や海藻類、果物は冷やすものが多いです。根菜も、冬のお野菜だけど意外と冷やすものが多いですね。(大根、ごぼう、れんこんなど)

 

温めるものは、香辛料や香りの良いものが多く、温める果物は桃やみかんくらいですごく珍しいです。動物性のお肉やお魚は、温めるものが多いですね。

 

寒熱のバランスをとるだけでも、十分薬膳になるんです。
なんとなーくでも性質を覚えておくと、献立を立てるヒントになりますよ。

 

例えば、暑い時期は体を冷やすものを中心にし、寒い時期は温めるものを多く使う。
冷え性の人は温めるものを多めに、暑がりの人は冷やすものを多めに。

 

また、平性というのは、温めも冷やしもしないので、献立のバランスを取ってくれます。体に負担が少ないため、お子さんやご老人でも使いやすい食材が多いですね。

 

注意したいのは、食材を加熱したり冷やしても、本来の性質は変わらないということ。
例えば、大根は冷やす食材。温かい料理にして冷やす作用を緩和させることはできても、冷やすことには変わりないんです。

 

食材の性質を知って、体に合った食事をとりたいですね!
ではまたー!

 

\梅雨の講座はじまりました!/

オンラインで学べる、梅雨の薬膳講座です。
梅雨や雨の日の薬膳の考え方がまるッとわかる初心者向けの講座です。
レシピ5品ですぐに実践、理解が深まります!
今回から動画や添削ワークもついて、より深く学べるようになりました。
お申し込みはこちら

 

 

\あなたのお悩みに寄り添う講座/
お悩み薬膳〜便秘編〜

特定の不調に特化して、お悩みの「そもそも」から学びます。
食事や養生などトータルケアで不調の改善を目指した講座です。
詳しくはこちら

 


\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、
公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!
登録はこちらより

 

 

こっそりメルマガ始めました!笑
『\家族のごはんを作る人が知っておきたい/正しい食のコト』


女性はいろんなステージで「食と健康」を意識するようになります。
しかし、何から学べばいいのか、どこで情報を得ればいいかわからないものです。
ここでは、「1分で読めるコラム」をステップメール式に毎朝5時にお届けします!
365日、毎日お届け予定です!!
➡︎登録はこちらより

 

 

アーカイブ
カテゴリー
学べる!薬膳コラム 薬膳の基本 食材・中薬
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

タイトルとURLをコピーしました