保存版!!『食材の寒熱』をまとめました。【肉・魚・卵編】

食材の寒熱 四性 学べる!薬膳コラム

こんにちは!chikaです。

薬膳に興味がある方に向けて、薬膳や中医学を学べる情報を発信しています。 

 

 

前回、食材には寒熱があること、 

そしてそれぞれに役割があることをお話しました。 

【薬膳】体を温める食材、冷やす食材を使い分けるのが食養生のコツ!
薬膳を使うコツは、食材の性質を知ることです。最初に覚えると便利なのが、食材の温める食材(温熱性)、冷やす食材(寒涼性)、どちらでもない食材(平性)という性質。食材の性質を知ってバランス(中庸)をとることが食養生の第一歩です。

 

薬膳は目的を持った食事ですが、 

普段の献立に活かすとなると、なかなか大変です。 

ただでさえ私たちは忙しい。笑 

家族みんなの体質を考慮しながら、まいにち素晴らしい薬膳料理を作ることは  

正直、難しいですよね。。。 

 

だけど、「温めすぎず、冷やしすぎず」バランスをとるように考えたり、 

冬は温めるもの多め、夏は冷やすものを多め、という使い方ならできそう。 

それなら、食材の寒熱だけでもまずは頭に入れたいところです。

 

しかし、どの本を見ても寒熱を一覧にしているものがないんですよね。 

パッと見れたら便利だなぁと思って、ちまちまとノートに書きだしていたことがあるんですが、

食材の傾向が見えて、すごく覚えやすかったんです。 

ただ、これはなかなか面倒な作業なので…こちらでまとめて共有しちゃいます!

私もノート代わりにこのページを何度も見ようと思います。笑

 

ということで、

今回は、【肉・魚・卵】の寒熱一覧です! 

 

寒性・涼性の食材 

アサリ、ハマグリ、シジミ、マテ貝、タコ、カニ、ハモ、馬肉など  

 

平性の食材 

イカ、鯛、ヒラメ、カレイ、サバ、カツオ、タラ、ウニ、クラゲ、サワラ、サンマ、ホタテ、アワビ、牡蠣、豚肉、牛肉、卵、豚足、豚のハツなど

 

温性・熱性の食材

マス、アジ、サケ、フグ、イワシ、ナマコ、太刀魚、ウナギ、アナゴ、アユ、イトヨリ、カジキマグロ、ブリ、マグロ、ルーム貝、赤貝、海老、鶏肉、羊肉、豚レバー
 
今回は、いくつかの文献を参考にまとめてみました。 
 
たんぱく源だからか、温めるものが比較的多い印象です。   
しかし、貝類は冷やす食材が多いですね(ルーム貝、赤貝は温めるけど!)    
 
青魚など身の色が濃いものは温めるものが多い気が…  
しかしサバやカツオは意外にも平性です。 
 
…なんていう傾向を考えると、少しずつ覚えていきますよ!
 
食材の寒熱を覚えるコツは、使うたびにチェックすること。  
 
今日のお魚はどうだろう?と予想を立ててみると、より覚えやすくなります。 
 
 
ぜひ、献立の参考にしてください。  
 
 
≪参考文献≫ 
・薬膳素材辞典(源草社)
・東方栄養新書(メディカルユーコン)
・現代の食卓に活かす 「食物性味表」(日本中医食療学会) 
アーカイブ
学べる!薬膳コラム 薬膳の基本 食材・中薬
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

  1. […] 保存版!!『食材の寒熱』をまとめました。【肉・魚・卵編】 こんにちは… […]

  2. […] 保存版!!『食材の寒熱』をまとめました。【肉・魚・卵編】 こんにちは… […]

  3. […] 保存版!!『食材の寒熱』をまとめました。【肉・魚・卵編】 […]

  4. […] 保存版!!『食材の寒熱』をまとめました。【肉・魚・卵編】 こんにちは… 保存版!『食材の寒熱』をまとめました【野菜・果物篇】食材の寒熱を知って、温めすぎず冷やしすぎずバランスのとれた献立を考えることが大切です。今回は【野菜・果物】の寒熱を一覧にまとめました。ぜひ毎日の献立の参考に!chikayakuzen.net2020.04.05 保存版!『食材の寒熱』を一覧にまとめました【穀物・芋類・種実類】薬膳での考え方、五性をもとに、食材の寒熱一覧をまとめています。今回は穀類・芋類です。chikayakuzen.net2020.04.05 保存版!『食材の寒熱』をまとめました【きのこ・海藻・豆】薬膳では食材を寒熱で分けます。今回は【きのこ・海藻・豆】の寒熱を一覧にし、さらに栄養学の視点から効能をまとめました。chikayakuzen.net2020.04.10 保存版!『食材の寒熱』をまとめました【調味料・飲料】薬膳では、食材の寒熱を分け、用途に応じて使い分けます。今回は、調味料・飲料の寒熱を分けました。お砂糖は?塩は?コーヒーは?気になる方はぜひ読んでみてください。chikayakuzen.net2020.04.19 […]

タイトルとURLをコピーしました