薬膳の基本〜津液ってなに?〜

学べる!薬膳コラム

気血津液は、中医学でいう体の基本物質のこと。  

今日は、津液についてお話します。 

参考薬膳の基本。気血津液ってなに?

参考薬膳の基本。〜気〜ってなに? 

参考薬膳の基本。〜血〜ってなに?

 

「気血水」はよく聞く表現ですが、中医学では水ではなく「津液」といいます。 

 

津液とは、血液以外の正常な水分のことをいいます。

「水」というと、体にとどまった悪い水分もすべてさしてしまうので、中医学では「津液」と表現しているようです。 

 

分泌物、消化液、尿、汗・鼻水・よだれ・唾・涙などが「津液」に含まれます。

 

津液の働きは4つ。

  • 体を滋養し潤す
  • 関節や目・鼻・耳・のどを滑らかにして守る
  • 脳や脊髄などの液体を補充する
  • 汗・便・尿として代謝物を外に出す

 

津液が正常でない状態は、津液不足や、津液が代謝できずに体内に滞ることです。 

 

津液が不足すると、体全体がパサパサに。 

皮膚や髪や毛がパサついたり、のどの渇きを感じたり、大腸が乾燥して便秘になったりします。 

 

では、津液の代謝がうまくできないと、どうなるでしょう?

そのまま滞ると、水が皮下に溜まってむくみとなるし、それが長引くとネバネバの痰になってしまいます。 

(注:必ずネバネバしているわけではありません)

滞ったものは、痰飲と呼ばれ病的な物質に変化してしまいます。 

 

 

津液はしっかりと量があり、体の中を巡り、最後は排出される、それが良い状態なんですね。 

 

ひとつ覚えておいてほしいのが、「津血同源」という言葉です。

津液と血は同じ源、という意味で、お互いに変化し合います。

つまり、血が不足しているのに津液はたっぷりある、ということはあり得ないんですね。 

 

年齢とともに、津液や血は不足しやすくなります。 

これから、食べ物で補う方法もご紹介していきます。 

 

 

 

\梅雨の講座はじまりました!/

オンラインで学べる、梅雨の薬膳講座です。
梅雨や雨の日の薬膳の考え方がまるッとわかる初心者向けの講座です。
レシピ5品ですぐに実践、理解が深まります!
今回から動画や添削ワークもついて、より深く学べるようになりました。
お申し込みはこちら

 

 

\あなたのお悩みに寄り添う講座/
お悩み薬膳〜便秘編〜

特定の不調に特化して、お悩みの「そもそも」から学びます。
食事や養生などトータルケアで不調の改善を目指した講座です。
詳しくはこちら

 


\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、
公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!
登録はこちらより

 

 

こっそりメルマガ始めました!笑
『\家族のごはんを作る人が知っておきたい/正しい食のコト』


女性はいろんなステージで「食と健康」を意識するようになります。
しかし、何から学べばいいのか、どこで情報を得ればいいかわからないものです。
ここでは、「1分で読めるコラム」をステップメール式に毎朝5時にお届けします!
365日、毎日お届け予定です!!
➡︎登録はこちらより

 

 

アーカイブ
カテゴリー
学べる!薬膳コラム 薬膳の基本
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

タイトルとURLをコピーしました