めざすは中庸。薬膳で大切な「陰陽学説」とは?

中医学の基本

古代中国で生まれた自然哲学の中に、「陰陽学説」というものがあります。 

 

すべては陰と陽に分けられ、対立しながらも影響し合っているという考えです。 

 

例えば、昼と夜、どちらが陰でどちらが陽でしょうか?
昼が陽で、夜が陰です。
これはわかりやすいですね。 

 

では、男と女ではどうでしょうか?
男は陽、女が陰に属します。 

 

太陽が陽、月が陰、
東が陽で、西が陰、 
動くものが陽で、静かなものが陰。
対立する組み合わせであれば陰陽が成り立つので、あげればキリがありません。笑 

 

それでは… 

 

陰と陽どちらが大事ですか?? 

 

もちろん、どちらも大事ですし、当たり前のように陰と陽が存在しているのがわかりますよね。 

 

人の体も陰陽があります。 

 

表や外側は陽、裏や内側は陰なので、 
体表である手足は陽、内臓は陰となります。 

 

陰陽の中にわらに陰陽があると考えるので、内臓の中でも管として通す働きがある六腑は陽、五臓は陰に分けられます。
(ちょっとややこしくなってきました笑) 

 

中医学では、こういった陰陽のバランスをすごーく重要と考えます。
ちなみに、陰陽のバランスが取れている状態を「陰平陽秘(いんぺいようひ)」といいます。 

 

中医学で体を整えようと考えるときは、陰陽のバランスをみていくんですね。
陰陽が過剰なら追い出し、不足するなら補う、というようにシンプルな構造ができあがります。
先日書いた、「補・瀉・調」ですね。  

意外とシンプル。薬膳の三原則。

 

 

例えば、陰が過剰とはどういう状態でしょうか。 

「陰」とは冷たい、静かというようなイメージですので、身体の中が冷えて、寒気がしたり腹痛や下痢をする症状が現れます。 

 

このとき、体には寒邪(かんじゃ)という邪気が入ってきているので、寒邪を追い払います
食べ物でいうと、ネギや生姜など体を温めて邪気を追い払うものを使います。 

 

逆に陰が不足するとどうなるでしょう?? 

陰には潤したり、冷ましたりする役割があるので、陰が足りないと熱を持ったような症状が出ます。
手や足の裏が熱くなったり、イライラしやすかったり、のどが乾燥したり。
なので、陰を補って潤いを与えます
食材では、豚肉や黒ゴマが陰を補うものになります。 

 

薬膳を考える上で、陰陽のバランスはとっても重要。 
食べ物にも陰陽があるので、偏りなくいろんなものを食べるといいですね。 

 

中医学を学ぶと、バランスって大事だなぁとつくづく感じます。 
何事も頑張りすぎず、怠けすぎず、ほどほどが一番です。 

 


 NEW
\レッスンご案内/
【梅雨のゆる薬膳講座】
(〆切5月25日)

気軽に薬膳をはじめたい方は、
季節のゆる薬膳講座が
おすすめです!

詳しくはこちら

 

 

 



\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!登録はこちらより

 

アーカイブ
中医学の基本 学べる!薬膳コラム
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

  1. […] めざすは中庸。薬膳で大切な「陰陽学説」とは?  […]

  2. […] 突然ですが、今あなたは何を着て…chikayakuzen.net2020.03.15 めざすは中庸。薬膳で大切な「陰陽学説」とは? 古代中国で生まれた自然… 5つに分ける世界。五行学説。  […]

タイトルとURLをコピーしました