【薬膳的考察】秋はカレーよりハヤシライスがいい。

学べる!薬膳コラム

こんにちは!
薬膳ライフアドバイザーのchikaです。

 

先にお知らせです。
【はじめての薬膳】のお申込み締め切りまで、あと6日となりました!!

 

気になってるけど踏み切れない方は、まずLINEへ登録してみませんか^^
9日(木)に、テキストや講座の中身をLINEでちらっと公開予定です。
(以前インスタで公開していたものを、全てまとめてご紹介します!)
納得した形でお申し込みくださいね!お待ちしています。

 

 

 

さて本題へ。
タイトルは最近のわたしの気づきです。笑

 

365日いつでも食べられそうなカレー。
不思議なことに、いまは全然欲してないんですよね〜。

 

カレーよりハヤシライスが食べたいわ!と思って、先日ハヤシライスを作りました。笑
これって薬膳的にもとても理にかなっていて、まあまあいい選択だったなと思ったんですよね。

 

ということで、今回は「秋はカレーよりハヤシライスがいい」というテーマでお届けします!笑

 

カレーの特徴を知っておこう!

カレーのスパイスは「体を温める」効果があります。
そんなに辛くないスパイスでも、ほとんどのものは温めるものばかりなんです。

 

夏にカレーが美味しく感じるのは、汗をかいて体温を下げるためかもしれません。
また、梅雨の時期は、発汗によって体の湿を追い払うのでおすすめです。

 

しかし、乾燥する秋は要注意!!
熱を生むということは、体の潤いを蒸発させるようなものです。
秋に弱りやすい「肺」の乾燥が進み、乾いた咳や、粘ついた痰など呼吸器系のトラブルが増えてしまいます。

 

肺は皮膚や大腸とつながっているので、肺が弱ると肌トラブルや便秘などの症状も増えちゃうかも。
たかがカレーですが、「体を温める+発汗させる」性質は気をつけたほうがいいと思いませんか?

 

特に、秋分前のまだ夏の余熱が体にこもる時期は、避けた方がベターです。

 

 

秋はハヤシライスがいい理由

一方で、ハヤシライスに体を温めるスパイスは入っていません。
ちなみにうちのハヤシライスは、デミグラスソース+トマト缶で作ります。

 

デミグラスソース自体は、ブラウンルーとお肉や野菜出汁で作ったシンプルなもの。
(もちろん市販のものはいろいろ入ってますが…)

 

合わせて使うトマトは、体の熱を冷まし潤してくれる食材。
トマトは、秋の初めになかなかいい食材なんですよね。

ということで、デミグラスソース+トマトで作ったハヤシライスは、体への負担が少なくて、秋の料理にいいなぁ〜と思いました。
きのこたっぷりにしたら、さらに秋っぽいしね♡

 

ちょっとした選択の積み重ねが、体をつくる

こうやって考察してみると、いつものごはんのちょっとした選択も、積み重なるときっと大きいんだろうな〜と思います。
コンビニのごはんでも、外食をする時だって、薬膳の知恵は活かせます。

 

みなさんも、今日のごはんを薬膳的に観察してみませんか?
楽しいですよ^^

 

それでは!!

 


\環境問題も勉強しちゃおう!/

手作り調味料6種をご紹介しながら、私が調味料を手作りするきっかけにもなった「プラスチック問題」「サスティナブルな世界」について学べるワンコイン講座です。
詳しくはこちら

 


\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!登録はこちらより

 

 

こっそりメルマガ始めました!笑
『\家族のごはんを作る人が知っておきたい/正しい食のコト』


女性はいろんなステージで「食と健康」を意識するようになります。
しかし、何から学べばいいのか、どこで情報を得ればいいかわからないものです。
ここでは、「1分で読めるコラム」をステップメール式に毎朝5時にお届けします!
365日、毎日お届け予定です!!
➡︎登録はこちらより

 

 

アーカイブ
カテゴリー
学べる!薬膳コラム 養生法
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

タイトルとURLをコピーしました