五臓の働きを超簡潔にまとめました。

中医学の基本

 

 

前回、「五行学説」について触れました。
「木・火・土・金・水」に分ける考え方ですが、五臓もこの五つに対応しています。 

 

五臓とは働きも表わす

五臓とは、「肝・心・脾・肺・腎」のこと。

 

中医学や薬膳を学ぶ上で、絶対に必要になってくるので、
興味のある方はぜひ覚えてください。

 

単純に、肝臓や心臓のことでしょ、と思っていると、後々大変なことになります。汗

 

西洋医学でいう臓器とはちょっと意味が違うので(ここがややこしい!)、
別物として考えていくほうがいいですね。

 

西洋医学でいう肝臓や心臓は、臓器そのものを指しています。

 

しかし、中医学でいう臓腑は、実体そのものを含めもっと広い意味を持ち、「働き」もさしています。
…わかりますかね??

 

たとえば、
「心」は血液を全身に送る役割(本来の心臓の役割)のほかに、精神活動や生命活動もさします。

この精神活動は、大脳の働きをさすのではないかと言われています。

 

また、「腎」は尿を排泄するという腎臓の役割のほか、
生殖機能や内分泌系の働きも含みます。

 

なんとなくイメージできてきましたか?

 

「臓」といっても、単体の臓器だけでなく、いろーーんなことを含んでいるのです。

 

一番ややこしいのは「脾」だと思いますが、脾の役割はあとで説明します。
最初にいっておきますが、「脾臓」のことは一度忘れてください。笑

「脾臓」とは全く別ものだと思って、読んでいただくほうがいいですね。

 

 

では、今日は五臓の働きについて、超簡潔にまとめていきます。
どんな働きだったっけ?と、時々振り返るのにも使ってみてください。

 

『肝』は血の貯蔵と気の巡り

 

・血の貯蔵や気の巡りの管理をする

・精神の安定、感情のコントロールに関わる

 

のびのびとするのが好きな臓腑で、
ストレスがかかると肝が弱り、怒りやすくなったりします。

 

『心』は血の循環と精神管理

 

・血を作り、全身に巡らせ、営養を与える

・精神活動や生命反応の管理

 

心が弱ると動悸がしたり、反射的な反応が悪くなったりします。

 

『脾』は食べ物を消化し全身へ送る

 

・食べ物を消化吸収し、営養に変え、全身に送る

・水分代謝に関わる

・内臓を持ち上げる

・血が漏れ出るのを防ぐ

 

いくら体に良い食べ物をとっても、脾が弱っていると体に営養を取り込めません。

なので、脾はとても重要視される臓腑で、しっかりと営養を取り込めるようケアが大事になります。

 

『肺』は呼吸と巡りの管理

 

・呼吸の正常を保ち、全身に気を巡らせ、血流を調節する。

・栄養物質や津液などを、体表や体の深いところに送る

・水の代謝に関わる

 

新鮮な空気は、活力のもとである「気」をつくる材料です。

 

体表に免疫機能である「衛気(えき)」を巡らせたり、
汗や尿を作るお手伝いをして、水分代謝にも関わります。

 

『腎』は腎精を蓄える命の源

 

・人間の根本的な元気の素「腎精」を蓄える

・発育、成長、生殖の管理をする

・尿の生成などで、水分代謝にかかわる

 

腎精とは生きる源のようなもの。これが絶えると人は生きていけないので、
腎精を減らさず、蓄え続けることも、薬膳ではすごく重要と考えます。

 

いかがでしょうか?

これから少しずつ五臓の詳しいお話もしていきますね。

 


 NEW
\レッスンご案内/
【梅雨のゆる薬膳講座】
(〆切5月25日)

気軽に薬膳をはじめたい方は、
季節のゆる薬膳講座が
おすすめです!

詳しくはこちら

 

 

 



\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!登録はこちらより

 

 

アーカイブ
中医学の基本 五臓 学べる!薬膳コラム
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

  1. […]   参考 五臓の働きを超簡潔にまとめました。 […]

  2. […] 参考 五臓の働きを超簡潔にまとめました。 […]

タイトルとURLをコピーしました