【五臓・脾の基本①】「脾」の基本的な働き。

五臓

こんにちは!
薬膳ライフアドバイザーのchikaです。

 

いきなりですが、私たちは毎日何をどのくらい食べればいいのでしょうか? 
栄養学では、とるべき栄養素が食事摂取基準で決められています。

 

 

食材の栄養が数値化され、それを足して計算するのです。
糖質がどのくらい、脂質がどのくらい、ビタミンやミネラルなど、基本的なものは食品成分表にすべてのっています。 

 

 

では、食べたものは、どのようにして体の栄養になりますか?

 

食べたものがそのまま体にくっつくわけではなく(笑)、食べ物を口で噛み砕き、胃でどろどろにし、小腸でも消化液を出しながら、小さく小さくした成分を吸収しています。

 

 

そうやって、しっかり消化吸収できて、 栄養を100パーセント体に取り込まれることを前提に、栄養計算がされているんです。 

 

 

しかし、もしその消化力が弱っていたら??
本来の食材の栄養は吸収されないまま、外に出ていってしまいますよね。

 

 

小さな子供がわかりやすい例。 
食べたものがそのままうんちで出てくることは日常茶飯事。
これは、まだ消化力が発達していないからなんですね。

 

 

つまり、消化吸収や体に栄養を運ぶチカラが無ければ、いくら食べても意味がないんです。
消化吸収や栄養の運搬を行なっているのが、中医学でいう「脾」です。 

 

 

体を作る源である大事な臓腑として「後天の本」と言われます。
今日は、脾の基本的な働きについてお話ししますね。

 

 

ちなみに、「脾」は西洋医学の脾臓とは違います。
全く別物と考えて読み進めるほうがいいかと思います…。

  参考 五臓の働きを超簡潔にまとめました。

 

食べたものを消化吸収して栄養に 

 

脾の主な働きは、食べ物を消化吸収し、栄養成分を全身へ運ぶことです。

 

中医学の言葉でいうと、食べ物を水穀精微(すいこくせいび)という小さな物質にし、さらに、身体が使える形(精・気・血・津液)に変えて、全身へ運びます。

 

つまり、食べたものを体が使える形に変えているんですね。 

 

水分代謝に関わる

 

また、脾は水液代謝にも大きく関わっています。 
代謝の過程でできた津液を取り出して、肺へ送る働きです。

 

例えば、脾の水液代謝の働きが弱ると、むくみがちになったり、下痢をしやすくなったりします。
舌の縁に歯型がついている方は、脾が弱っていて水分がうまくさばけない人に多いです。 

 

 

持ち上げる

 

また、昇清作用(しょうせいさよう)という働きもあります。 
“良いものを上へあげる”という意味があり、 肺・心・脳へ水穀精微を送ることや、内臓を持ち上げることをいいます。 

 

脾は体の中心に位置しています。 
肺や心・脳は、それよりも上にあり、上に上にパワーを送るのが脾の正しい動きになります。 

 

つまり、内臓を持ち上げられない=内臓下垂とは、 上へ上へ送るパワー、つまり本来の脾の働きが発揮できていない状態です。
胃下垂で痩せている方が多いのは、消化吸収がうまくできず、栄養が取り込めない体になっているからなんですね。 

 

血が漏れ出ないようにする

 

それと、もう1つ。統血作用という働きもあります。 
脾のパワーで血液を率いて、血が漏れでないようにすることです。 

 

なので、脾が弱っていると、鼻血など出血しやすくなります。
あれ?こんなところにアザが?ということも起こっちゃいますね。

 

 

脾の働きまとめ

 

脾の主な働きをまとめると、

1.消化・吸収・運搬
2.水分代謝
3.昇清作用
4.統血作用

の4つです。
1〜3をまとめて「運化を司る」といいます。

 

ちなみに、脾は温かく乾いた環境が好きなので、冷たいものや湿をためやすいものが苦手。 

 

中国では冷えたビールを飲まない習慣があったくらい(最近はそうでもないらしい)、脾を徹底的にいたわっていたようですよ。 

 

脾の養生については、別の回でお話します。
次回は、脾と五行の関係について書きますね。

 

 

脾の働きまとめ
・脾は消化吸収運搬の働きがある
・水液代謝に関わる
・昇清作用で内臓を持ち上げる
・統血作用で血が漏れでないようにする 
 
 

 

 

 

\秋の講座はじまりました!/

オンラインで学べる、秋の薬膳講座です。
秋の薬膳の考え方がまるッとわかる初心者向けの講座です。
レシピ5品ですぐに実践、理解が深まります!
今回から動画や添削ワークもついて、より深く学べるようになりました。
お申し込みはこちら

 

 

 

 

 


\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、
公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!
登録はこちらより

 

 

こっそりメルマガ始めました!笑
『\家族のごはんを作る人が知っておきたい/正しい食のコト』


女性はいろんなステージで「食と健康」を意識するようになります。
しかし、何から学べばいいのか、どこで情報を得ればいいかわからないものです。
ここでは、「1分で読めるコラム」をステップメール式に毎朝5時にお届けします!
365日、毎日お届け予定です!!
➡︎登録はこちらより

 

 

アーカイブ
カテゴリー
五臓 学べる!薬膳コラム 薬膳の基本
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

  1. […] 参考 【五臓・脾の基本①】「脾」の基本的な働き。 […]

  2. […] 参考 【五臓・脾の基本①】「脾」の基本的な働き。 […]

  3. […] 参考 【五臓・脾の基本①】「脾」の基本的な働き。 […]

  4. […] 【五臓・脾の基本①】「脾」の基本的な働き。 私たちは、毎日何をどのく… […]

  5. […] 【五臓・脾の基本①】「脾」の基本的な働き。 私たちは、毎日何をどのく… […]

タイトルとURLをコピーしました