【2月】ニラを食べて体を温めよう!薬膳レシピとニラの使い道!

よみもの

こんにちは!
薬膳ライフアドバイザーのchikaです。

 

気温も天気も乱れがちの2月は、まさに季節の変わり目という感じ。
2月も後半に入ってしまいましたが、薬膳的にこの時期におすすめと言われる食材があるんです。

 

それが「ニラ」
中国では2月にニラをよく食べるそうです。旬ではないんだけどね、陽気を養うのにいいんだって。
なので、最近は野菜室にいつもニラが入っています。

 

ニラといえば、みなさんはどんな料理を思い浮かべますか?
わが家では、もはや定番中の定番「母のレバニラ炒め」が登場します。

 

今回もいつものごとくレバニラを作ってたんですけどね、ふと気づきましたよ。
このレシピ、2月にぴったりじゃないかー!!と。
1人で興奮してしまいました。笑

 

ということで今回は、レバニラ炒めについて力説しつつ(笑)、他のニラ料理もご紹介しようと思います。

 

2月にニラを食べるといい理由

2月から季節的には春に入ります。
春は、発散の季節。外へ外へと陽気を向かわせるんですね。

 

ニラは体の中から温め、血の巡りも良くして、陽気を外へと発散するお手伝いをしてくれます。
温める効能が、2月の流れにぴったりなんです。

 

レバニラはこの時期とってもおすすめ!

母のレバニラ炒めは、レバー、ニラ、玉ねぎ、もやしが入っています。
この組み合わせが、すごくいいなぁと思ったのです。

 

まず、レバー、ニラ、玉ねぎは体を温める食材なので、全体のバランスをみても温める効果が強いことがわかります。

 

また、ニラや玉ねぎは巡りをよくする効果があるんですね。
冷えて縮こまった体は、どうしても巡りが悪くなりがちなので、ニラや玉ねぎはぴったりです。

 

さらに、もやし〜!
もやし(緑豆もやし)は体の余分な熱をとり、解毒する作用があります。

 

体を温めると言ってるのに、熱をとるの?と思うかもしれませんが、このバランスがいいなと思って。
温めすぎて熱がこもるのもよくないので、ほどよく熱をとりつつ、冬にたまった毒をとってくれる「もやし」がちょうど良いの〜。笑

 

実際、中国では2月に春餅というものを食べるそうです。
それには、ニラともやし、さらにもやしと同じ原料の春雨も包んで食べるそう。
体を温めつつ、解毒効果を狙っているのかなぁ〜なんて思ったんですよね。

 

ということで、レバニラ食べましょ。笑
実は、LINE登録者全員にレバニラ炒めのレシピをプレゼントしています。

 

腎をチャージするふりかけのレシピもついています!
どちらも薬膳的な詳しい解説もついています。

 

すぐに登録して、ぜひ明日にでも作ってみてください。笑

 

↓登録はこちら

 

その他、ニラの使い道!

チヂミ

ニラといえば定番のチヂミ。
冬の講座でご紹介しておりました。
エビと組み合わせて、タレに黒ごまを使っています!

 

エビとニラと卵の炒め物

同じような材料でも、炒め物にすればまた違うものになりますね。
オイスターソースや塩で炒めて。

 

ニラのお味噌汁

私がよくやるのが、ニラをお味噌汁に入れる方法。
個人的には、卵と組みわせるのが好きです。

 

ニラだれ

タレにして、お肉やお魚にかけてもいいですね。
この時は、揚げたものと片栗粉つけて茹でたものに。

 

茹でたものより、揚げたものの方が、なぜかさっぱり食べれました。
茹でると粉がまとわりつく感じで、お腹いっぱいになったな…。笑

 

さあ、2月も後半!ニラを食べよう!

気温は乱行下していますね。
春陽気かと思ったら、一桁の気温に戻ったり…。

 

まだまだ寒さには用心です。
体をしっかり温めて、春を快適に過ごせるといいですね!

 

では〜!

 

 



\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報を配信しています。

登録はこちら

 


\レッスンご案内/

【体質診断&食事のアドバイス】

“薬膳に興味はあるけど使いこなせない” “自分の体質をパーソナルに知りたい” “食事を見直して体質を改善したい”という方に向けてパーソナルなアドバイスレッスンを行っています。

詳しくはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました