【意外】「胃腸が弱い」はどういう状態?検査結果では異常なし!

体質・お悩み別薬膳

こんにちは!
薬膳ライフアドバイザーのchikaです。

 

中医学(薬膳)では、「胃腸はとても大事だよ〜!!!」といわれます。
なぜなら、胃腸は食べたものを体の栄養にするところだから。
いくらいいものを食べても、胃腸が弱っていたら意味がないからです。

 

先日、受講者さんからこんな質問がありました。

 

胃腸が弱いって、どういう状態なんですか?検査では異常がないし、自分では弱いかよくわかりません

 

たしかに。
胃腸が弱いって、ざっくりしすぎてわからないですよね!

 

実はね、検査で異常がなくても、「胃腸が弱っている」ことはよくあるんです。
たとえ食欲がめちゃくちゃあっても、弱っていることはあるんですよ。

 

今回は、「みんな知ってる!?胃腸が弱っているサイン」というテーマでお話ししていきます!

 

こんな症状があれば、胃腸の弱りを疑え!

胃腸になんらかの不快感があるときは、「胃腸の弱り」を疑ってみましょう。
例えばこんな症状↓

 

✔︎  食欲がない
✔︎  食べるともたれる
✔︎  吐き気
✔︎  胃の痛み
✔︎  胃のつかえ
✔︎  げっぷ
✔︎  しゃっくり
✔︎  ガスが多い
✔︎  便が臭い
✔︎  食後にお腹が張る
✔︎  便秘
✔︎  下痢
✔︎  内臓下垂
✔︎  食べてもすぐにお腹が空く
✔︎  口臭
✔︎  舌の縁がびらびらしている
✔︎  口の中がネバついている

 

いかがでしょうか?
こんなにあるの〜!?と驚いたかもしれません。

 

ざっくりいえば、胃腸に不快感があれば「胃腸が弱い」と考えます。
とはいっても、み〜んなが同じタイプではありません。

 

今回は、代表的な「胃腸が弱い」2つのタイプについて、さらに解説してみますね〜!

 

日本人に多い「脾気虚」タイプ

「気」は目には見えないけど、パワーの源ようなものです。
つまり、気虚とはパワーが不足しているタイプなので、「気虚=疲れやすい」といえますね。

 

その中でも、日本人に特に多いのが「脾気虚」。
つまり脾のパワー不足なのです。
脾とは消化吸収のシステム、つまり今でいう「胃腸」をイメージしてもらえばOK。

 

なので「脾気虚」になると、胃腸を動かす力がなくさまざまな不調が出てきます。

 

脾の働きは主に3つ

・食べたものを消化吸収して送り出す
・水分代謝
・ものを持ち上げる

です。

なので、「脾気虚」になると、これら3つの機能をうまく果たせず、症状が出てきます。
たとえばこんな症状↓

 

・食欲が出ない
・食後にお腹が張る
・下痢や軟便
・むくみ
・内臓下垂
・息切れ
・めまい
・食後に眠くなる
・手足に力が出ない
・疲れやすい

などなど。

 

また、脾気虚のタイプは、舌の縁がびらびらしています。
わたしはまさにこのタイプ。胃腸弱し!!です。笑

 

このタイプは、まず脾が嫌いなものを避けてみましょう。
冷たいもの、甘いもの、脂っこいも、味の濃いもの。
これらを避けるだけでも、胃腸は復活してきます。

 

 

ただの食べ過ぎ!?「食滞胃脘証」

食べ過ぎや胃腸の弱りで消化機能が低下し、食べ物がつかえてしまうタイプです。
こちらは「脾」ではなく「胃」の不調になります。

 

脾?胃?
え、よくわからな〜い!!という声が聞こえてきそうです。笑

 

ややこしいんですが、脾が臓腑の「臓」、胃が臓腑の「腑」で、この二つは表裏関係にあります。

 

厳密にいうと、中医学では、「脾」と「胃」は別物です。
私たち薬膳師が「胃腸」というときは、「脾胃」をさしていることが多いです。

 

で話を戻すと、「胃」には以下の働きがあります。

・食べたものを消化してどろどろにし、小腸(下)に送る
・下に降ろす作用(胃→小腸→大腸へ)

またまたややこしい話をしますが(笑)、脾は持ち上げる作用、胃は降ろす作用があるんですね。
この2つがうまく機能することで、上下のバランスをとってるんです。

 

ということは?
「胃」が弱ると、降ろす力がなくなってしまいますよね。
そこで起こるのが、げっぷ、しゃっくり、吐き気、嘔吐、胃のつかえ、などの症状です。

 

なんとなくわかりますかね?
どれも上に上がってきてるでしょ?

 

消化したものを下ろせないから、上から上がってしまいます。
また、消化物がずっとお腹にたまっているので、食べたものは腐っていき、ガスや便が悪臭になってしまいます。

 

こちらのタイプは、単純に食べすぎているので、食事の量を調節してみてください。
どうしても苦しい〜というときは、消化を促すものや、下に降ろす食材をとるといいですね。

 

大根、かぶ、貝割れ、たけのこ、白菜、らっきょう、蕎麦などがあります。

 

実は胃腸が弱っている人は多い!当てはまるなら自分に合ったケアを

ということで、実は胃腸が弱っている人はすごく多いです。
自分はどこがどう弱っているのかがわかると、自分に合ったケアができますよね。

 

現在募集している『お悩み薬膳〜便秘編〜』や次回からの季節の講座では、150を超える体質チェックシートをご用意しています。
ワークを提出していただければ、お一人おひとりの体質やそれに合わせたケアもご提案できるので、よかったらご参加くださいね。
(あくまでも講座のテーマに合わせたアドバイスになるので、そこはご注意ください)

 

ということで、今回は以上です!
それでは〜♪

 

 

\梅雨の講座はじまりました!/

オンラインで学べる、梅雨の薬膳講座です。
梅雨や雨の日の薬膳の考え方がまるッとわかる初心者向けの講座です。
レシピ5品ですぐに実践、理解が深まります!
今回から動画や添削ワークもついて、より深く学べるようになりました。
お申し込みはこちら

 

 

\あなたのお悩みに寄り添う講座/
お悩み薬膳〜便秘編〜

特定の不調に特化して、お悩みの「そもそも」から学びます。
食事や養生などトータルケアで不調の改善を目指した講座です。
詳しくはこちら

 


\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、
公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!
登録はこちらより

 

 

こっそりメルマガ始めました!笑
『\家族のごはんを作る人が知っておきたい/正しい食のコト』


女性はいろんなステージで「食と健康」を意識するようになります。
しかし、何から学べばいいのか、どこで情報を得ればいいかわからないものです。
ここでは、「1分で読めるコラム」をステップメール式に毎朝5時にお届けします!
365日、毎日お届け予定です!!
➡︎登録はこちらより

 

 

アーカイブ
カテゴリー
体質・お悩み別薬膳 学べる!薬膳コラム 養生法
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

タイトルとURLをコピーしました