春におすすめ!今食べなきゃもったいない、いちごの薬膳的な効能は?

よみもの

こんにちは!
薬膳ライフアドバイザーのchikaです。

 

いちごがたくさん出回ってきましたね〜。
みなさん、食べていますか?

 

薬膳を勉強すると、ほんとに旬のものに目がいくようになるんですよね。
そして、旬の食材のパワーに感心してしまいます。

 

いちごなんて、まさに今ぴったりの食材!
ウチでは毎週のように買わされています(笑)が、体に必要な時ってすごく美味しく感じますね。
【春のゆる薬膳講座】でも、いちごを使ったレシピを考えていました。

 

今回は、「いちごの薬膳的な効能」についてお話ししますね〜。
これを読むと、いちごって春にぴったりじゃん!今すぐ食べよ〜!と思うはず(笑)

 

いちごの薬膳的な効能は?

 

《性質》
五性:涼
五味:甘・酸
帰経:肝・胃・肺
《薬膳的な効能》
・血や体液を養って、体を潤す
・熱をとる
・利尿作用がある
 
これだけみてもよくわからないので、もう少し詳しくみていきましょ〜。
 
 

肝に栄養を与える

 
肝は解毒の働きがあると言われます。
冬に体にため込んだ悪いものを春にせっせと解毒するため、春の肝はちょっとお疲れモードなんですね。
 
 
なので、春は肝を助ける食材が必要なんです。
いちごはまさに、肝に栄養を与える食材。
肝血を補って、肝を助けてくれるんです。
 
 
 

熱がこもりやすい人にぴったり

いちごは、体の熱をとる働きもあります。

 

実は、春は上半身に熱がこもりやすい時期なんですね。
首から上に熱がこもって顔がほてったり、のぼせたり、ふわふわしためまいがしたり…。
気温が上がってくると、そんな症状が出てきませんか?

 

これは、肝の陽気を上へ上へとのぼりやすい時期であることと、陽を抑える陰液が足りないためなんですね。
いちごは、体の熱を冷ましつつ、足りない陰液(血や津液など体液)を補うことができるので、「春ののぼせ」にも効果的。

 

その他、目がかゆいなど、花粉症で熱のこもった症状がある人にもおすすめです。

 

のどの痛みにもぴったり!?

 

いちごは、肺を潤す働きもあります。
空咳やのどの痛み、声のかすれなどにも効果が期待できます。

 

春になって暖かくなると、のどの痛みで悩むことがないですか?
のどの痛みって、薬膳的には「熱」の症状と考えるんですね。
冬の冷えたカゼと違って、春は熱をもったカゼの症状も増えていきます。

 

そういえば、私も春にのどの痛みが出て、そこから咳が何ヶ月も続いたこともありました。
あの時いちごを習慣的に食べていれば、症状もひどくならなかったのかなぁ〜なんて思います。
今年は食べとこっ!!

 

こんな人は食べすぎ注意

いちごは春にぴったり!とはいっても、あまり向いていない人もいます。
こういうタイプの人は、食べすぎに注意してくださいね。

 

冷えがひどい人

いちごは体の熱をとる働きがあります。
冷え性の人にはあまり向かないので、食べ過ぎには気をつけてください。

 

胃腸が弱い人

胃腸が弱く、お腹が冷えると体調を崩しやすい人も食べすぎ注意です。
というのも、いちごは水を抱え込む性質があるんですね。

 

胃腸が弱い人は、水分を溜め込むと調子が悪くなりやすいので、いちごは少量ずつ食べるのがいいですね。
実は私もこのタイプ。
フルーツはあまり多く食べれないので、いちごも一回に数個食べる程度です。

 

 

まとめ:いちごは春にぴったり!見かけたらぜひ食べよう〜

いちごが春にぴったり!とわかっていただけたでしょうか?

 

いちご狩りもいい時期ですね。
行きたくなってきました〜。

 

いちごを食べて、春の不調を乗り切りましょ〜。
では!!

 

 



\LINEでレシピプレゼント中!!/

薬膳コラムやレッスンのお得情報など、公式LINEでしか得られない情報を配信しています!!登録はこちらより

 


RENERAL
\レッスンご案内/
【夏のゆる薬膳講座】
(〆切4月30日)

去年の講座をパワーアップさせて復活しました!
気軽に薬膳をはじめたい方は、
季節のゆる薬膳講座が
おすすめです!

詳しくはこちら

 

アーカイブ
よみもの 学べる!薬膳コラム 食材・中薬
chikaをフォローする
薬膳naturico.

コメント

タイトルとURLをコピーしました